三重県の犬・猫・動物病院 【中村犬猫病院】

院長のお部屋
院長ご挨拶 獣医医学博士

獣医学博士 中村 志

三重の山村で育ち、動物との出会いは3才頃からで昆虫を始め多くの野生動物が自然界で人と共に素晴らしい共存生活をしていた。
春日井市で開業して58年、犬、ネコを始め小動物、野生動物の診療に専念してまいりました。
平成20年頃から、野良猫の保護、避妊、去勢に力を入れ、年間1,200頭を越える野良猫が来院するようになりました。現在30頭の野良猫を保護している。
 令和元年から新しい夢を抱き大紀町阿曽で6月15日から開院することになりました。
鹿、猪、猿が多く出没し、野鳥の素晴らしい鳴き声が心を和ませてくれます。
アメリカに留学、母校で学位獣医学博士を取得したことはその人格を大切にするためにも、地域社会に貢献できる絶好の機会と判断し、山間の自然豊かな大紀町で開業することになりました。皆様よろしくお願いします。

スタッフ紹介

高階康子(たかしなやすこ)

現在の名古屋大学医学部保険学科検査技術学科の前身である名古屋大学医学部付属臨床検査技師学校を1977年に卒業し、臨床検査技師の資格あり。 当病院では医院長のアシスタント、動物の世話をしています。 ステンドグラス制作もしており、大紀町では病院の横の建物(二階建て)の1階で教室をしています。 http://stained-y.com


書籍紹介 -著者- 中村 志

獣医医学博士

1979年10月10日一匹の仔タヌキが交通事故で運ばれてきた。
この本は一月あまり入院したその時の記録を物語りに書いたものです。

夜になると、

カランコロン
カランコロン
カランコロン  カランコロン
シー カリ カリ  シー カリ カリ

タヌキ囃子のように騒ぎたてていた。


全国学校図書館協議会選定図書
日本図書館協会選定図書
出版社  旺文社


?b?????w???m

この物語は、一匹の野生の仔狸をめぐる物語である。
助けられたのは一匹の狸にすぎない。
しかし私がこの本を書いたのは、仔狸の話から、私たち人間も一生物として自然界に住む生物との共存をはかることが、人間の生命尊重につながることを考えていただけたらと思うからである。

自然界は動物たちの大病院である。
ポンちゃん山に帰る。

この物語は当時、NHK朝のラジオ番組私の本棚で5日間朗読され、大きな反響を呼んだ。


出版社 晩声社

経歴

先生の経歴

昭和6年        三重県に生まれる
昭和31年       麻布獣医科大学卒
昭和36年       中村犬猫病院開業
昭和47年、48年   ニューヨーク・アニマルメディカルセンターで外科を学ぶ。
昭和54年       麻布大学外科学教室研究員
昭和54年~63年  麻布大学外科教室集談会会長
昭和60年       独協医科大学耳鼻咽喉科日野原教授に内視鏡検査の指導を受ける
昭和63年       麻布大学で獣医学博士の学位取得
平成4年        仏教大学英文科に在籍
平成7年~13年   野生動物医学会理事
平成9年~15年   麻布獣医学園評議員
平成9年~12年   麻布獣医学園理事

獣医学研究暦

平成5年~6年   社団法人 愛知県獣医師会副会長
平成13年~18年 社団法人 愛知県獣医師会会長
                   愛知県動物保護管理協会会長
平成15年~16年 社団法人 日本動物保護管理協会理事
平成17年             愛知県「命を大切にする教育研究会」委員
平成18年             愛知県「全国野鳥保護のつどい」実行委員会委員

現 在

野良猫に愛の手の会 代表
中村犬猫病院 院長
株式会社動友会 代表取締役

著 書   生きるんだ・ポンちゃん(旺文社) 35万部発売 検索結果はこちらから
       仔狸愛情物語(晩成社)NHKラジオ番組「私の本棚」で朗読
       松竹で映画化 日本動物保護管理協会に寄贈

趣 味   カメラ・スキー・野生動物の観察・クラシック音楽・オペラ鑑賞

趣味の写真コレクションはこちら>>